カレーのともだち

インドカレーの付け合わせ

カレーはインド料理の代表格とも言える存在ですよね。日本でカレーに福神漬けなどを添えるのと同じようにインドカレーにもいくつかの「付け合わせ」があります。辛さをアップさせるものから抑えるものまで様々です。何種類ものスパイスを調合したインドのカレーには、どんな「付け合わせ」が合うのでしょう?

インドカレーの特徴

インドカレーの「付け合わせ」について書く前にインドカレー自体のことをお話ししましょう。インド料理の特徴としてはなんと言っても数多くのスパイスを使うことが挙げられます。インドにはカレー粉を使った料理も大変多く見られます。もちろんカレーもそのうちの一つですね。ですが、日本ではインドの人は毎日カレーばかり食べていると思っている人も多いようですが、それは誤解です。現地の人たちが使うブレンドスパイス(マサーラー)がカレーのような味というだけなんですよ。なので、実はインドの人々に私たちが考える「カレー」というものを作っている感覚はありません。インドには数え切れないほど無数のスパイスがあります。さらに具材も鶏肉、羊肉、魚、野菜など様々。日本のようにご飯と一緒に食べることもあれば、ナンやチャパティなどにつける場合もあります。

インドカレーの「付け合わせ」

さて、ここからは本題の「付け合わせ」についてです。バリエーション豊かなインドのカレー料理。きっと「付け合わせ」もいろいろあるはずですよね。では、インドカレーにはどんな「付け合わせ」があるのでしょうか?各ページの内容を紹介していきたいと思います!

ピックル

ヨーロッパでよく食べられているピクルスと似たような漬物です。青唐辛子やマンゴーなどを赤唐辛子などのスパイス類に漬け込んで作ります。カレーの付け合わせにも、ごく普通に使われます。ピックル用のキュウリの品種や私たちにも食べやすいピックルの作り方を紹介しています。
カレーとの相性もよく、特に辛党の人にはおすすめの「付け合わせ」ですよ!

→ 詳細はこちら

アチャール

アチャールも野菜や果物をスパイス・酢と一緒に漬けたものです。なかでもペースト状にしたトマトを使ったアチャールはインドだけでなく、ネパールでも様々な料理の「付け合わせ」として人気なんですよ。カレーにアチャールを付け合せると、本場インドの味にグンと近づきますよ。アチャールの作り方、アチャールがよく合うカレー以外の料理レシピなども公開しています。

→ 詳細はこちら

ヨーグルト

普段から食べているヨーグルトをカレーの「付け合わせ」に使ってみませんか?デザートとしてそのまま食べたり、お菓子作りに使うほかにもヨーグルトは料理のアクセントにもなるんですよ。カレーに入れるとマイルドな風味になります♪ カレーの材料に加えて、さらに「付け合わせ」として添えればダブルでヨーグルト効果を実感できます!簡単にできる手作りヨーグルトのレシピ、ヨーグルトを使ったカレーのレシピなどを紹介しています。

→ 詳細はこちら

メニューリスト

このページをブックマークする