カレーのともだち

ピクルス

ピクルスはハンバーガーやサンドイッチの具材として知られています。肉を多く使う西洋料理に多く見られるピクルスは味にいいアクセントを与えてくれます。好き嫌いがハッキリ分かれるものでもありますよね。西洋の漬物ということで福神漬けなどと同様にカレーの付け合わせにも向いているのではないでしょうか?そんなピクルスのことを、作り方やレシピなども含めて紹介しましょう。

ピクルスって、どんな漬物?

英語でピクルスは「漬物」を意味する言葉で、一般的にヨーロッパで広く食べられています。様々な野菜や果物などを酢や塩に漬けたり、発酵させたりして作ります。また、香料やハーブが使われる点もピクルスの特徴と言えるでしょう。使う材料によって風味もバリエーション豊富で各家庭の味があります。ちなみに、日本では「ピクルス」と言うと主にキュウリのピクルスのことを指しています。

ピクルスに向いている食材

キュウリ、玉ねぎ、ニンジン、セロリ、パプリカ、オクラ、キャベツ、かぶ、プチトマト、カリフラワー、大根、レンコン、卵、ニンニク、ゴーヤ、きのこ類、リンゴなど多数。ご覧のように野菜からキノコ類、卵や果物までピクルスにできる食材はたくさんありますよ。

ピクルスの効果

ピクルスには酸味の強いものが多くあります。これはヨーロッパの油っこい食事によるものだと考えられています。ピクルスに使われる酢が料理の油を分解してくれます。この理由からカレーの付け合わせとしても最適と考えられているんですよ。そのほか、酢には強い殺菌力と保存性を高める効果もあります。なので、ピクルスも2年は保存できると言われています。

キュウリのピクルスの作り方

簡単な材料で作れるキュウリのピクルスを紹介しましょう。粒こしょうがピリッと効いたピクルスがカレーの味をさらに引き立てます! 付け合せに、是非どうぞ♪

材料(2人分)

  • キュウリ …… 5本
  • 水 …… 400cc
  • 塩 …… 大さじ2
  • ピクルス液)ショウガ・ニンニク …… 各1片
  • 大きめのローリエ …… 1枚
  • 粒こしょう …… 適量
  • 酢 …… 250cc
  • 水 …… 100cc
  • 砂糖 …… 50g

作り方

  • ピクルスを漬ける瓶を用意し、煮沸消毒します。
  • キュウリは3cm幅程度のぶつ切りにして瓶に入れ、そこに水と塩を煮立てたものを注ぎ、約3日間漬けましょう。
  • 軽く漬かったら、塩水を捨ててキュウリをよく洗い瓶に戻しておきましょう。
  • ピクルス液の材料をすべて鍋に入れて煮ましょう。煮立ったら瓶の中に流し込みます。
  • 熱いうちにフタを閉めて、3日間常温で置いておきましょう。それから冷蔵庫で保存して下さい。

カリフラワーのピクルスの作り方

カリフラワーならではのカリッとした食感が楽しめるピクルスです。カレーの付け合わせとしても好まれます。いい箸休めになりますよ。このレシピは少し甘めです♪

材料(2人分)

  • カリフラワー …… 1株
  • 酢・水 …… 各100cc
  • 塩 …… 小さじ1
  • 砂糖 …… 大さじ2
  • こしょう …… 少々
  • クコの実 …… 適量

作り方

  • ボウルに酢、水、塩、砂糖、こしょうを入れて、よくかき混ぜます。それを瓶に移します。
  • カリフラワーは一口分ずつに分けて、煮立ったお湯で少し硬めに茹でましょう。
  • 水気を切ったカリフラワーはすぐにピクルス液が入った瓶に入れます。
  • あとはフタを閉めて、冷蔵庫で保存しましょう。
    ※ピクルス液にカレー粉を加えると、カレー味のカリフラワーピクルスができますよ。

ピクルスを使ったレシピ

好みのピクルスが完成したら、それを使って美味しいメニューを作ってみませんか? 「ピクルスとトマトのブルスケッタ」レシピを紹介します! ちょっとした「おもてなし」にも。

材料(2人分)

  • バケット …… 4枚分
  • オリジナルミックスピクルス …… 50g
  • トマト …… 1個
  • ピクルス液・エキストラバージンオイル …… 各適量
  • バジルの葉・塩・コショウ・ニンニク …… 各少々

作り方

  • 好みの野菜で作ったピクルスと皮と種を取り除いたトマトは細かく刻みましょう。
  • ピクルス液に塩、こしょうを加えて混ぜ合わせ、冷やしておきましょう。
  • 薄くスライスしたバケットにニンニクをこすって香りづけします。その上にエキストラバージンオイルを塗ります。
  • バケットをこんがり焼いたら、刻んだピクルスとトマトをのせ、バジルの葉を飾って出来上がりです。

メニューリスト

このページをブックマークする